S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>
過去ログ
LINKS
MOBILE
qrcode
<< いつも何か素敵なことが | main | シリーズ史上最強の1本 >>
神に栄光あれ
博多阪急のデパ地下で買い物した帰りに、
博多駅前広場で開催されている
クリスマスマーケット」に立ち寄った。
何かのゆるキャラがステージを降りるところだったから
何かのトークショーが終わった直後のようで、その後すぐ
ソプラノ歌手の永渕くにかさんと大宝祐子さんによる
オペラのステージが始まった。


[クリスマスマーケット/永渕くにか&大宝祐子]19:40〜
1:荒野の果てに(読み:あらののはてに)

(左から)
永渕くにか:ソプラノ
大森美樹:ピアノ(キーボード)
大宝祐子:ソプラノ

有名なクリスマスキャロル。英語版がよく知られているけど
フランスの伝統的なキャロルが元となっている歌であり、
大宝さんがフランスオペラのスペシャリストなので
今回歌ったのはフランス語版。(珍しいらしい)


2:フィガロの結婚
モーツァルト作曲のオペラ「フィガロの結婚」より、
通称「喧嘩の二重唱」。
場面はスペインだけど言葉はイタリア語で、
台本はフランス語というある意味カオスな作品で、
歌う前に大宝さんが場面について解説してくれたのだけど
好きすぎて止まらない感じだった(笑)

小間使いのスザンナ(ヒロイン)と
女中頭のマルチェリーナが喧嘩するシーンで、
堪忍袋の緒が切れたヒロインが「ババア!」とブチ切れる。
マルチェリーナがフィガロの母だったことが後で分かり、
数年後、二人は嫁と姑の関係になる。


3:アヴェ・マリア

大宝さんがソロで。今回歌ったのは
イタリアのピエトロ・マスカーニが作曲したver。
永:有名さでは4番目くらいかな


4:踊り明かそう
ミュージカル「マイ・フェア・レディ」より、
永渕さんが日本語verをソロで。


5:O holy night(オーホーリーナイト)
元々はフランスで作られた曲だけど、
その後とても上手く英訳されて世界中に広まった。

先に大宝さんがフランス語で歌い、次に永渕さんが英語で歌う。


今回のステージは「歌を聴く」というよりも
本当に「オペラ鑑賞」している気分だった。
劇場で観たらもっと凄い迫力なんだろうなぁと思う。


[会場内]
「福岡クリスマスマーケット」のパンフレットに
MCの方々が載っているのだけど、
今日のMCの方はどう見ても一覧に載っていないっぽいので
「この中におねえさんいますか?」と本人に直接訊いてみた。

撮影の日にスケジュールが合わなくて
写真を撮ってないからパンフレットにも載ってなくて、
ご本人曰く「私はレアキャラです(笑)」とのこと。


で、そんなレアキャラのお姉さんに写真を撮らせてもらった。
お忙しいところ、ありがとうございました( ・∀・)ノ
| 日記 | 23:54 | comments(0) |
コメント
コメントする