S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
過去ログ
LINKS
MOBILE
qrcode
<< ナービー接近中 | main | 風が強いんです >>
MpegCraft2の使い方
キャプチャボードでテレビを録画する時は、大抵.mp2形式のファイルになる。
CMを残したままだと、その分ディスクに書き込める容量も損をするので、
不要なCMはきちんとカットした方がいいだろう。
今回は「DVDを作ってみよう その3」で扱った「MpegCraft2」について。

まず最初に
プログラム起動後、まずはカットしたいファイルを選ぶ。
あくまでも「mpeg」をカットするソフトなので、
mp、mp2とDVDのvob形式のみで、aviには対応していないので注意。

次に「マーク付け」。
マーク付け作業
フレームとフレームの間にマークを付けていき、
マークを付けた部分の1フレーム前までを削除していく。
「フレーム」っていうのは、上の写真で言うと、
1コマが1フレームだと思ってくれればOK。
赤い線が見えると思うけど、
その赤線の左側にあるコマまでが削除対象になる。

マークを付け終わったら、こんな感じになる。
マーク付け完了
青い部分がカットせずに残るところ。
「チャプター」も設定できるけど、それはオーサリングする時に、
ついでにやっておけば、それで十分。

保存を選択
カットしたいmpegファイルが1つだけなら、
そのまま「ムービーファイルの保存」。
他にもカットしたい映像がある時は、「バッチリストに追加」を選ぶ。
カットしたいファイルのマーク付けが終わったら、
「バッチリスト」に追加していき、
全てのファイルのマーク付けが終わったら「バッチエンコード」。

必要な箇所のみ=部分エンコード
「編集方法」は、
「必要な箇所のみエンコード」、つまり「部分エンコード」か、
エンコードを行わない「GOP単位での編集」を選ぼう。
せっかく「MpegCraft2」を使ってるんだから、
「必要な箇所のみエンコード」を選んだ方がお得。

「エンコーダ」はCPUにエンコードさせるか、
キャプチャボード(MTVシリーズ)にエンコードさせるかを選べる。
対応しているキャプチャボードであれば、
キャプチャボードにさせた方が若干処理速度は上がる(気がする)。

かなり精密にカットしてくれるので、購入を検討している人がいれば、
思い切って購入することをお勧めする。
| DVDの作り方 | 22:57 | comments(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://piano.sonata-moe.com/trackback/208112
トラックバック