S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
過去ログ
LINKS
MOBILE
qrcode
秋の収穫祭やー
中洲川端の冷泉公園でイベントがあり、
そのイベントを見に冷泉公園に行ったので、
帰りに「チョコレートショップ」でお買い物。
チョコレートショップでは現在「秋の収穫祭フェア」、
かつてのマロンフェアを開催していて、
栗系のスイーツがショーケースに色々並んでました。


収穫パイ・栗(350円)

見た目はタルトだけど器はタルト生地ではなくて
サクサクパリパリのパイ生地。
栗の他にヘーゼルナッツ、カシューナッツ、
アーモンドといったナッツ類たっぷりで、
栗は大きい粒が埋まっている。
秋の味覚満載で色々なナッツの味がするが、
表面にかかっているフォンダンが結構甘い。
| チョコレートショップ | 23:59 | comments(0) |
ぷちぷちえくれーる
今日のデザートは「エクレールフランボワーズフィグ」
現在チョコレートショップでは月替わりのエクレアを出していて、
先月ショーケースに並んでいたバナナのエクレアに代わって
今月のエクレアはフランボワーズ&フィグ(イチジク)。


エクレールフランボワーズフィグ(390円)

紅に染まった表面はフランボワーズの味だけど
生クリームが酸味を和らげるため、すっぱさは弱い。
生クリームの下にはイチジクが隠れており、
イチジクの味はよく分からないが、かなりプチプチな食感。
まとめて食べると「甘めのフランボワーズ味」。
| チョコレートショップ | 23:52 | comments(0) |
爽やかトロピカ〜ル
今日のデザートは「パッションマンゴーゼリー」
夏の定番メニューであるこの系統のゼリーは
過去に色々食べてるから
今までに食べたやつをあまり覚えてなくて、
これも食べたことある気がしたけど、
調べてみたらちょっと違うものだった。


パッションマンゴーゼリー(380円)

パッションフルーツのジュレ(ゼリー)と
ココナッツ風味のホワイトチョコムースを層にしたスイーツで、
上に乗っているマンゴーが甘甘でバリウマ(・∀・)
パッションは甘酸っぱくてムースは甘く、
両方一緒に食べると甘さとすっぱさが両立して
トロピカ〜ルな味わい。
| チョコレートショップ | 23:59 | comments(0) |
桃生
チョコレートショップで毎年恒例の「桃フェア」開催中。
ここ数年、桃のそのものを使うケーキがメインで
昔と比べてムース系のケーキが減ったため、
「桃フェア」でショーケースに並ぶ桃のケーキは
年々種類が少なくなっているが、
今日のデザートは「桃の生パウンド」(320円)。

ぱふぱふなスポンジの中にピンクぃ桃の生クリームが
たっぷり入っているケーキ。生クリームはしっかり桃の味で、
角切りの桃が底にちょびっと埋もれていた。
| チョコレートショップ | 23:59 | comments(0) |
抹茶生
毎年、博多最大のお祭り「博多祇園山笠」の時期になると
チョコレートショップでは「山笠フェア」を開催しており、
山笠をイメージした様々なスイーツがショーケースに並ぶ。
今日のデザートはその山笠フェアで作られた
季節物のメニュー「抹茶の生パウンド」(320円)。

抹茶味の緑ぃスポンジ生地の中に生クリームたっぷり。
生クリームは抹茶味ではなくノーマルなやつだったけど、
生地の味が渋めなので、渋味を和らげるのに効果を発揮している。
| チョコレートショップ | 23:52 | comments(0) |
神の帰還
今日のデザートは「ティラミス」
先月「父の日」に合わせて「大人フェア」が開催されていた時に
ホールケーキで「濃厚ティラミス」が出ていたのは知っていたけど、
今日お店に行ったらプチガトーとして
ショーケースに並んでいたので迷わず購入した。

ティラミス(440円)

マスカルポーネが大部分を占め、容器を使わなくなった分、
形を保つためにトロトロ感は弱くなって
ぷるるんな弾力のあるタイプに変わった。
クリーミーで程良く甘いマスカルポーネの味は
ボクが記憶しているティラミスの味と同じで、
見た目は変わってもこよなく愛したティラミスだった。
| チョコレートショップ | 23:59 | comments(0) |
カフェオレ生
チョコレートショップでは毎年6月になると
「父の日」に合わせて「大人フェア」を開催しており、
ほろ苦系や甘さ控えめのスイーツが強化されるが、
今日のデザートは「カフェオレの生パウンド」(320円)。

コーヒー風味のぱふぱふな生地の中に
コーヒー味の生クリームが入っている。
クリームはコーヒーの味だけどミルキーでもあるので
ビターさは弱く、確かにカフェオレな感じ。
| チョコレートショップ | 23:59 | comments(0) |
次の流行はスペインから
今日のデザートは「バスクチーズケーキ」(380円)。
外はベイクド・中はスフレのような2つの食感が味わえる
濃厚チーズケーキで、スペイン・バスク地方が発祥の地。
チョコレートショップでは元々ホールサイズで販売していて
「プチガトー(カットサイズ)があれば絶対買うのになぁ」と
思っていたから、カットサイズを販売してくれたら
そりゃ喜んで買いますでしょ。


バスクチーズケーキ(380円)

見た目はベイクドチーズケーキで味もベイクド系だけど、
食感はスフレのようにやわらかくてまろやか。
チーズケーキとしては程良い甘さだった。

個人的には、現在のタピオカブームが終わったら、
次に流行するものの候補の1つに
この「バスク」を入れても良いんじゃないかと思っている。
それくらい美味しかった(・∀・)
| チョコレートショップ | 23:56 | comments(0) |
苺の生パウンド
今日は「チョコレートショップ」でお買い物。
桜の季節も終わって大分暖かくなってきたから
毎年恒例の「生チョコソフトクリーム」の販売が始まっていて、
値段が少し上がったけどその分ボリュームもアップしてました。
博多どんたく港まつり」のパレードは
お店のすぐそばの明治通りを通るので、
ソフトクリームを食べながらパレードを楽しんではいかがでしょう。


苺の生パウンド(320円)


生ショコラパウンド」の苺ver。
ほんのりピンクぃふわふわのスポンジ生地の中に
苺の生クリームと苺のジュレが入っていて、
生クリームの甘さとジュレの甘酸っぱさが絶妙なバランス。
クリームや生地は薄味だけどジュレがしっかりと苺の味。
| チョコレートショップ | 23:55 | comments(0) |
美味しい季節
今日は妹の誕生日なので、ボクがケーキを手配。
もちろんいつものようにチョコレートショップ
ケーキを予約したが、数日前に父の誕生日で
シフォンケーキを食べたから同じものは選択肢から消え、
何をオーダーするかちょっと悩んだ。
大きいサイズの「博多の石畳」にしようかと考えたけど
「スポンジのケーキがいい」と妹が言うので
定番の苺のデコレーションケーキをベースにして
特注で「苺の生クリーム」を使ってもらった。


[苺のアントルメ](3000円)

「苺のアントルメ」(2700円)を基に「特別注文」(+300円)で
生クリームを「苺の生クリーム」に変更しており、
見た目は薄〜くピンクぃ程度だけどちゃんと苺の味がする。
苺が美味しい時期なだけあって、上に乗っている苺や
スポンジに挟まっている苺がバリウマだった(・∀・)
| チョコレートショップ | 23:50 | comments(0) |
| 1/22PAGES | >>