S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
過去ログ
LINKS
MOBILE
qrcode
ハードウェアエンコード
録画用のハードディスクが一杯になりつつあるので、
録りためていた「ガンダムSEED DESTINY」をディスクに書き込むことにした。

録画の際ビットレートを8Mにしていたため、1話につき1.3GBほどになり、
DVD1枚に3話ずつしか入らない。(DVDの容量は4.7GB
「種運命」は全50話なので3話ずつ書き込んでいくと、
17枚目のディスクには49話と50話の2話分を書き込むことになるが、
昨年末に放送された「FINAL PLUS」もついでに収録しようとすると、
FINALPLUSは1時間番組なのでどうしても容量がオーバーしてしまう。

ファイルの容量を減らすには、ビットレートを下げてエンコードすれば良いが、
ボクの環境では「DVD MovieWriter3」で動画を変換すると音がずれるため、
CMカットで使用する「MpegCraft2」でビットレートを下げることに。
既にCMはカットしているので、「編集」から「先頭を残す」を選び、
全てを対象にした後で、「ファイル」→「ムービーファイルの保存」

「編集方法」を「全体をエンコード」にして「出力パラメータ」を設定する。
「個別に設定する」にチェックを入れると色々な設定が出来るようになるので、
ビットレートの欄の数値を下げる。ビットレート8Mで録画して2.5GBの動画を、
1.7GBくらいのサイズにするためには、5Mに下げればギリギリ大丈夫。
設定
「値を指定」で希望するサイズを入力して「再計算」を選んでも良い。

エンコードには「ハードウェアエンコード」と「ソフトウェアエンコード」、
2つの方法があるが、「ソフトウェア〜」はCPUにエンコードさせる方法で、
「ハードウェア〜」は録画するキャプチャーボードにエンコードさせる方法。
ハードウェアエンコードの方がCPU使用率が少なくて、処理も速いのでオススメ。
今回FINALPLUSをエンコードするのに、「ソフトウェア〜」と「ハードウェア〜」では、
1時間くらい差があったことから、その差が結構大きいのが分かるだろう。
| DVDの作り方 | 23:47 | comments(0) |
ディスクに印刷
オリジナルのDVDを作ったならラベルにもこだわりたいところ。
CDラベル用のシールとかも販売されてるけど、
シールだと貼りミスしてた時に色々と都合が悪くなるので、
プリンタでの印刷をお勧めする。

ディスクへの直接印刷は、二世代くらい前のプリンタから標準装備されていて、
付属のソフトウェアの中にラベル印刷用のソフトが含まれているので、
それを使うのが一番確実。ボクはCanonのプリンタを使っているので、
「らくちんCDダイレクトプリント」ってソフトを使用している。
起動直後
ソフトを起動したら「背景の選択」ではなく、「文字・イラスト」を選ぶ。
そしてラベルに印刷したい画像を選択する。
イラストの選択
Step1の「背景の選択」を飛ばして、Step2の「文字・イラスト」から選ぶのは、
「背景の選択」で画像を選ぶとサイズの調節が出来ないから。
「文字・イラスト」で選んだ画像を少しずつ拡大させて、
ディスクの印刷可能範囲内に当てはめていく方が簡単。
サイズ調節
背景が決まれば次はタイトル文字を入れていく。
「文字・イラスト」の「文字」をクリックしたら文字入力画面が出てくるので、
ディスクに印刷したい文字を入力する。シンプルに入力するだけでも良いし、
フォントや文字色を変更してカラフルにすることも可能。
文字を入力。
今回は「富士ポップP」というフォント(サイズは12)で、文字色は「青」、
影を「黄緑」にしてみた。

最後にStep3の「印刷」をクリックして最終設定を行う。
シルバーレーベルのディスク(表面が光っているディスク)の場合、
印刷濃度は出来る限り濃くしておいた方がキレイに仕上がる。
ソフトウェアでの設定はここまで


次回はプリンタ本体の設定と完成図。
| DVDの作り方 | 00:11 | comments(0) |
ディスクに印刷 その2
印刷前にプリンタ本体の設定。設定と言うよりは印刷のための準備ね。
まずはプリンタ付属のトレイにディスクをセットする。
トレイにセット
ちなみに「プリンタブル」のディスク以外は印刷できないから注意。

トレイ用の差込口を展開させて、
プリンタ

トレイをセットする。
トレイをセット

トレイをセットしたら「印刷開始」をクリックして印刷開始。
印刷開始をクリック

印刷時間はプリンタの性能によって若干変わってくるけど、
途中でインク切れなどの問題が起こらなければ30秒くらいで完了する。
完成したDVDがこちら。
完成
インクを乾燥させないといけないので、
印刷直後にディスクを再生させるのは控えた方が良い。
一日は乾燥させた方が良いらしいけど、ボクは6時間くらいしか乾燥させてない。
まぁ、それでも問題ないから大丈夫だと思う。


最後にちょっと宣伝。
ボクが今使っているプリンタはCanonの「PIXUS iP7100」という機種。
印刷速度は速いし、印刷の時の音はエプソンのプリンタよりもかなり静か。
このシリーズの最上位は「PIXUS iP8600」なんだけど値段が高く、
インクも8色でインク代が結構かかるのでコストパフォーマンスが悪いが、
「PIXUS iP7100」の一つ上位の「PIXUS iP8100」は、
性能と価格のバランスが良くてこの先2・3年は現役で使えそうなプリンタ。
買い換えを考えている方にはお勧めの一品。


ディスクのお勧めは「太陽誘電」製のシルバーレーベルのディスク。
「国産」ってことでエラーも少ないし、シルバーなので印刷の見栄えも良く、
ただ印刷しただけなのにすごく完成度が高く見えるのでオススメ。
| DVDの作り方 | 23:33 | comments(0) |
MpegCraft2の使い方
キャプチャボードでテレビを録画する時は、大抵.mp2形式のファイルになる。
CMを残したままだと、その分ディスクに書き込める容量も損をするので、
不要なCMはきちんとカットした方がいいだろう。
今回は「DVDを作ってみよう その3」で扱った「MpegCraft2」について。

まず最初に
プログラム起動後、まずはカットしたいファイルを選ぶ。
あくまでも「mpeg」をカットするソフトなので、
mp、mp2とDVDのvob形式のみで、aviには対応していないので注意。

次に「マーク付け」。
マーク付け作業
フレームとフレームの間にマークを付けていき、
マークを付けた部分の1フレーム前までを削除していく。
「フレーム」っていうのは、上の写真で言うと、
1コマが1フレームだと思ってくれればOK。
赤い線が見えると思うけど、
その赤線の左側にあるコマまでが削除対象になる。

マークを付け終わったら、こんな感じになる。
マーク付け完了
青い部分がカットせずに残るところ。
「チャプター」も設定できるけど、それはオーサリングする時に、
ついでにやっておけば、それで十分。

保存を選択
カットしたいmpegファイルが1つだけなら、
そのまま「ムービーファイルの保存」。
他にもカットしたい映像がある時は、「バッチリストに追加」を選ぶ。
カットしたいファイルのマーク付けが終わったら、
「バッチリスト」に追加していき、
全てのファイルのマーク付けが終わったら「バッチエンコード」。

必要な箇所のみ=部分エンコード
「編集方法」は、
「必要な箇所のみエンコード」、つまり「部分エンコード」か、
エンコードを行わない「GOP単位での編集」を選ぼう。
せっかく「MpegCraft2」を使ってるんだから、
「必要な箇所のみエンコード」を選んだ方がお得。

「エンコーダ」はCPUにエンコードさせるか、
キャプチャボード(MTVシリーズ)にエンコードさせるかを選べる。
対応しているキャプチャボードであれば、
キャプチャボードにさせた方が若干処理速度は上がる(気がする)。

かなり精密にカットしてくれるので、購入を検討している人がいれば、
思い切って購入することをお勧めする。
| DVDの作り方 | 22:57 | comments(0) |
てれぱそ
最近ビックカメラとかに行くと、店頭に並んでいるPCのモニターには、
テレビ番組が映っている場合が多い。
「テレビが見られるパソコン」が普及してきた結果だろう。
こういうPCを「テレパソ」って言うらしい。

ボクはDVDレコーダーを使ったことがないから、
DVDレコーダーとテレパソを比較して、あれこれ言うことは出来ない。
そこで、とりあえずテレパソの特徴を挙げておく。

まずは容量
今のDVDレコーダーに何GB搭載されているかは分からないけど、
PCならハードディスクの容量が足りなくなれば増設するなり、
外付けHDを取り付けるなりすればいいので、容量は心配ない。

次に操作性
ほとんどの作業がマウスをクリックしていくだけなので簡単。

そして編集
動画編集ソフトを使えば凝った演出もできるし、
余計な物を省き、シンプルに仕上げることもできる。
本格的なソフトは1万円以上してかなり高価だけど、
DVDドライブなどに付属されている機能制限されたソフトでも十分。

「DVDを作成できる」と言うと「スゴイ」とか言われるけど、
そんなに難しいことはしていない。
ボクの場合、CMをカットしてDVDに書き込むだけだし。
一応「圧縮」もできるけど、編集は設定を覚える気がないから無理。
時間かかるし、色々調整していくのが面倒だし。
と言うことでこれから時々DVDの作り方を書き記していこうと思う。
| DVDの作り方 | 21:37 | comments(0) |
DVDを作ってみよう その1
DVDを作ると言っても、DVDに書き込む内容がなければ話にならない。
と言うことで、まずはパソコンで録画をする方法。

映像の取り込みには「キャプチャーボード」を使う。
安いのだと10000円以下で買える物もあるし、
少し高くなるが、20000円くらいで「定番」のキャプチャボードもある。
コチラの方が無難だと思う。
ボクが使ってる「MTV2000Plus」は買った当時35000円くらいしたので、
随分とキャプチャーボードは安くなったもんだなと思う。

ノートPCだとボードは使えないので「外付け用」のユニットを使用。
USB接続なので取り付けも簡単だが、
USBが使えないくらいの性能しかないノートPCであれば、
パソコンで録画すること自体を諦めた方がいいと思う。

PCの増設をしたことがない人には大変だと思うけど、
自作なんてプラスのドライバーさえあれば誰にでも出来ることなので、
挑戦してみるのにはちょうど良い機会かも。
マザーボード
上の写真はパソコンの基盤となる「マザーボード」。
写真の右の方に5つある、白くて縦長い部分が「PCI」の差込口。
この差込口にキャプチャーボードを差し込めば、とりあえず増設完了。
差し込むところ
写真はPCIに差し込んだところ。PCケースを開放するのが面倒だったから、
余ってたマザーボードとサウンドカードを代用したけど、
キャプチャーボードもサウンドカードも取り付け方は変わらず、
ただ差し込むだけ。

次に音関係で「Line in」とか「Line out」とかのケーブルを繋いでいく。
サウンドカードを使っている人は、
キャプチャーボードとサウンドカードを繋ぐ。
音の出力をマザーボードの「オンボード」で済ませている人は、
キャプチャーボードとマザーボードを繋ぐ。
接続を間違ってたら音が出ないので、取説を見て差込の確認をしておこう。
接続には「ステレオケーブル」を使うことになるけど、
キャプチャーボードにケーブルが付属されていない場合が多いので注意。

あとは部屋の壁に付いているアンテナ線の差込口に、
テレビアンテナの線を突っ込んで、キャプチャーボードと繋げば完了。
そうするとテレビで番組が見られなくなるけど、
「分配器」を使うとPCとテレビの両方で番組を見られるようになる。
「分配器と壁の差込口」「分配器とキャプチャーボード」、
「分配器とテレビ」でアンテナのケーブルが、
少なくとも3本必要なので忘れないように。

チャンネルの設定とかは付属のソフトで行うことになるけど、
その辺は取説を読めば誰でも分かるくらい簡単。
次回は録画の方法について。
| DVDの作り方 | 23:58 | comments(0) |
DVDを作ってみよう その2
大抵のキャプチャーボードには、録画のためのソフトが付属されている。
Canopusの製品であれば「FEATHER」シリーズ、
I・O DATAの製品だと「mAgic」シリーズのことである。
ボクは「FEATHER-X」という、何世代か前のソフトを使っている。
FEATHER-X

映像の設定
画質の設定
まずは「ビットレート」の設定。
ビットレートは簡単に言うと「情報量」。高い方が画質は良くなるけど、
それに比例してファイルのサイズも大きくなる。

「CBR」は「固定ビットレート」のことで、
常に一定のビットレートで録画する。
動きが激しいシーンを録画する時、
ビットレートが低いと映像が乱れることがあるが、設定が簡単なのが長所。

「VBR」は「可変ビットレート」のことで、
「平均」と「最大」のビットレートを決めて通常は「平均」に従い、
動きが激しい部分は「最大」に従って録画する方式。
とりあえずボクは「VBR」で録画している。

ボクは「ガンダムSEED DESTINY」を録画する場合、
最大8000000bps(8Mbps)、平均7500000(7.5Mbps)に設定しているけど、
画質は良い方だと思う。ちなみに、30分番組のファイルサイズは約1.5GBになる。

音の設定
音質の設定
音に関してもレートが高い方が音質は良いみたい。
ボクはビットレートを256Kbpsにしてるけど、
最大で384Kbpsまで上げられる。
音量については、「FAETHER-X」では「録画」のコーナーで行う。
音量調節
多分100%だと音が小さいと思う。一度試し録画してみた方が良いだろう。
300%くらいに設定して、やっと普通に聞こえるくらいの音量になる。
次回は「CMカット」について。
| DVDの作り方 | 23:58 | comments(0) |
DVDを作ってみよう その3
ビデオ録画でもそうだけど、やっぱり邪魔になるのは「CM」。
業界は「CM」を「親しみ易い物」とアピールしたいみたいだけど、
「広告」が収入源になってるから「CM」を見てくれないと困るわけだ。
でもボクら一般視聴者には一円も入ることはずもなく邪魔でしかない。

「CMの日」とかショボいキャンペーンやって、
「CMを好きになって下さい」と視聴者に訴えかけるんじゃなくて、
「どうすればCMを好きになってもらえるか」を考えるべきだと思う。
まずはイイ場面でCMを挟むのを止めろ。

それは置いといて、今回は「CMカット」の方法。
カット編集には「GOP単位」「フレーム単位」の二通りのカットの形式がある。
簡単に言うと「GOP単位」でカットすると時々CMの終わり際が残るけど、
「再エンコード」が発生しないので早く終わる。
「フレーム単位」でカットすると、完全にCMを取り除くことが出来るけど、
データ全体の整合性を保つためにエンコードという変換作業があるので、
「再エンコード」に結構時間がかかってしまう。

映像をカットする方法は何種類かある。
まずは「カット編集用」のソフトを使って不要な部分をカットする方法。
代表的なソフトは「TMPGEnc MPEG Editor」や「MpegCraft2」。
これらのソフトは「フレーム単位」でカットできるけど、
エンコードが必要な部分しかエンコードしないので(部分エンコード)、
全体をエンコードするよりも遥かに速く作業が終わる。

もう一つのやり方は、
オーサリングソフトを使って必要な部分だけを残す方法。
オーサリングっていうのはDVDに書き込むためのデータに変換する作業のこと。
シンプルな物で良ければメニューなんかも作れる。
代表的なソフトは「DVD Movie Writer」や「TMPGEnc DVD Author」など。
こちらも「部分エンコード」できるみたいだけど、条件があるみたいで、
ボクはよく再エンコードする羽目になった。
DVDを作成する時にどうせ起動させないといけないソフトだから、
オーサリングするついでにCMカットできるという手軽さがある。

ちなみに「Moviewriter」でガンダムSEEDをカットしてた時は、
一話につき約12分くらいかかってたけど、
今使ってる「MpegCraft2」では約7分でカット作業が終わる。
作業時間はPC性能にある程度は左右されるけど、
「部分エンコード」の方が速い事は間違いない。

「オーサリングソフト」はDVDドライブを買うと付属してるので、「Priceless」。
「カット用ソフト」は5000円くらいするけど、快適さは「Priceless」。
| DVDの作り方 | 22:57 | comments(0) |
DVDを作ってみよう その4
今日はDVDを作成する際に必須となる「オーサリング」について。
今回は「DVD Moviewriter3」を使用する。

まずは「ビデオファイルを追加」を選び、書き込みたい映像を選ぶ。
1枚目
片面一層のDVDは4.7GB(正確には4.38GB)の容量となっているので、
オーバーしない限りは何個でもファイルを追加できる。
2枚目
ボクのようにPCでしかDVDを見ない人はそのまま次に行ってもいいけど、
TVでDVDを見る人は「チャプター」を編集しておいた方が便利かも。

次にメニュー画面を設定する。
3枚目
「モーションメニュー」はサムネイル画面が動画になるけど、
正直なところ容量のムダなので、必要ないと思う。
背景やBGM、メニュー構成も自分で色々編集できるし、
面倒なら、メニューテンプレートから好きな構成を選ぶだけで問題ない。

最後に「出力」。まずは「環境設定」で色々設定する。
4枚目
「ビデオ保存オプション」では映像や音楽のビットレートが設定できるけど、
色々いじると「再エンコード」で時間がかかるので注意。
5枚目
「ドルビーデジタル」こと「AC-3」に変換することもできるが、
ボクの環境では、AC-3に変換した場合、途中から音ズレしてしまう。
原因がよく分からないから、オーディオは録画した時のままにしている。

オーディオを変換したりビットレートを変更する場合、
「プロジェクトに対応したMPEGファイルを変換しない」のチェックを、
外しておかないとデータが変換されないので注意。
6枚目

設定後、保存先を決めたら「書き込み開始」をクリック。
「DVDフォルダの作成」「ハードディスクへのイメージファイルの書き込み」
どちらでもいいけど、両方は止めた方がいいと思う。
ハードディスクの空き容量がすぐに無くなるから。

ボクはオーサリングソフトの書き込み機能をあまり信用していないので、
書き込みにはライティングソフトを使っている。
次回は「書き込み」について。
| DVDの作り方 | 20:14 | comments(0) |
DVDを作ってみよう その5
今日は最後の仕上げ「書き込み」。俗に言う「焼く」作業。
ライティング用のソフトは市販の物だと8000円くらいするけど、
DVDドライブに付いている、機能が制限されたものでも十分。
もっと言うと、フリーソフトでも十分である。
今回使用したソフトは「B's Recorder GOLD5」

まずは設定で、書き込みに使うDVDドライブを選択する。
次に書き込むファイルを選ぶ。
今回は「作ってみよう その4」でイメージファイルを作成したので、
「.iso」のファイルを選んで、「トラックとして登録」を選ぶ。
1枚目
この作業は、「作ってみよう その4」でDVDフォルダを作った時も同じ。
DVDプレーヤーとの互換性を高めるために、
必ず「ディスクを閉じる」にチェックを入れておくこと。

ファイルを「トラックとして登録」したら「書込み」をクリック。
2枚目
書き込みの設定画面が出てくる。「書き込みの種類」は、
「書き込みテスト」をしてから書き込むことも可能だが、
時間がかかるのでボクはテスト無しでいきなり書き込んでいる。
幸いなことに、今まで一度も書き込みに失敗したことはない。

「ベリファイ」「コンペア」は、
書き込んだデータが確実な物かを検査する機能。
大切なデータをバックアップするために書き込んだりとか、
誰かにプレゼントするためのDVDを作成するなどの、
「絶対に失敗が許されない場合」に使うといいだろう。
ただ、書き込んだデータを最初から最後まで検査するので時間はかかる。

ディスク(=メディア)は中国製や韓国製、東南アジア製が安いけど、
確実に書き込むためにも日本製を使った方がいいと思う。
別に国産が高いというわけじゃなくて、海外製が安すぎるだけで、
「太陽誘電」や「TDK」「三菱」のメディアを買うのが無難だろう。

書き込み中にPCがフリーズしてしまったら元も子もないので、
書き込んでいる時はなるべく他の作業をしないようにしておこうね。
| DVDの作り方 | 23:51 | comments(0) |
| 1/1PAGES |